トータルコストの4つの要因

大学進学にかかる費用はどのくらい?

受験にかかる費用と対策

進学の費用は、大学受験からかかります。しかし、受験の仕方によっては費用を節約することも可能です。どのように受験するか、お子さんと一緒にお金の面からも検討しましょう。

受験料はいくらかかる?

国公立大学と私立大学では、受験料・検定料が異なり、国公立大学のほうが安価に収まります。私立大学の場合、一般入試の受験料は1校あたり35,000円で、私立大学のセンター試験利用入試だと、一般入試に比べて受験料が安価の場合がほとんどです。ただし、医・歯・薬学部は他学部に比べて受験料が高額で、40,000円~60,000円になる場合があります。

入試方法 金額の目安
国公立大学2次試験 1校あたり17,000円
私立大学一般入試 1校あたり35,000円
※医歯薬系は40,000円~60,000円の場合もあります。
センター試験 3教科以上18,000円
2教科以上12,000円
※成績開示の希望は別途800円必要。

※平成25年度入試実施

遠方なら、交通費・宿泊費もかかる

地方の大学と違い、遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要です。受験するお子さんだけでなく保護者も同行する場合は、その費用も倍以上になります。さらに飲食代などもかかることを考慮しておきましょう。

交通費 東京ー大阪間 往復
約30,000円
宿泊費 東京1泊 約8,000円

※一人当たりの目安費用です

願書の入手にもお金が必要

受験で思わぬ出費となるのが、願書の購入費用です。国公立大学とセンター試験の願書は無料ですが、送料はかかります。私立大学の場合、1校あたり1,000円前後かかる場合が多く、数が増えれば負担になりますので、注意しましょう。

願書の購入 私立大学1校につき
約1,000円
※送料が別にかかります。

受験だけでこんなにお金かかる!

では、受験にかかるお金を一般的な例で計算してみましょう。地元国立大学1校、地元私立大学1校、遠方の私立大学2校の4校を受験した場合では、おおむね下記の額となります。

願書の購入
(私立大学のみ)
1000円×3校=3,000円
センター試験検定料
(3教科以上)
18,000円×1回=18,000円
国立大学2次試験
受験料
17,000円×1校=17,000円
私立大学一般入試
受験料
35,000円×3校=105,000円
交通費
(遠方2校に各1往復)
30,000円×2回=60,000円
宿泊費
(遠方2校に各1泊)
8,000円×2回=16,000円
合計 219,000円

さらにこの後、合格すれば入学金や学費、生活費などが必要になってくるわけです。しかし、これらの費用はやり方次第で抑えることも可能です。
お子さんの将来に影響が無いように、賢く節約をしていきたいですね。

入学から卒業までの学費

保護者として気になるのは、やはり学費です。ここでは「入学時にかかる学費」と「在学中にかかる学費」に大きく分け、それぞれにかかる金額の目安を把握しておきましょう。

入学時にかかる学費は?

入学から卒業までの学費のうちで、最も大きいのは初年度納付金です。現在は国立大学も法人化によって、大学ごとに金額の差がある場合も出ています。 国公立大学の場合、授業料は国立大学と同等ですが、入学金は大学により異なり、地元出身者は地元以外の学生より低く設定されることが多いようです。 私立大学の場合、入学金や授業料は各大学で異なり、さらに学部・学科系統によって差があります。初年度納入金の目安は下記を参考にしてください。

国公立大学の初年度納入金の目安
区分 入学料 授業料 施設設備費 合計
国立大学 282,000円 535,800円 817,800円
公立大学 399,058円 535,959円 935,017円

※ 国立大学は文部科学省令による標準額。
公立大学は文部科学省「平成23年度学生納付金調査」の昼間部の平均額。入学料は地域外入学者の平均額。

私立大学(系統別)の初年度納入金の目安
学部・系統別 入学料 授業料 施設設備費 合計
文科系 文・教育 253,868円 759,975円 172,750円 1,186,593円
神・仏教 234,828円 713,780円 163,971円 1,112,579円
社会福祉 239,438円 738,501円 192,674円 1,170,613円
法・商・経 250,074円 731,371円 150,436円 1,131,882円
理科系 理・工 252,277円 989,234円 170,764円 1,412,274円
353,689円 1,436,250円 289,716円 2,079,655円
農・獣医 259,140円 878,042円 208,010円 1,345,191円
医歯系 1,297,261円 2,554,110円 1,072,132円 4,923,504円
611,390円 3,205,075円 578,497円 4,394,943円
その他 家政 265,790円 792,541円 202,055円 1,260,386円
芸術 266,127円 1,113,854円 298,261円 1,678,242円
体育 267,038円 786,481円 210,936円 1,264,455円
保健 286,207円 992,997円 254,884円 1,534,088円

※文部科学省「平成24年度 私立大学入学者に係る初年度納入金平均額調査」

在学中にかかる学費は?

初年度納入金は初年度のみの学費のため、当然のことながら、翌年以降も授業料が必要です。ここでは目安額を下記にまとめますが、実際には学年ごとに納付額が異なる場合や、4年制か6年制かによって支払う総額は大きく変わりますので、お子さんの希望進路に応じて必要額を事前に割り出しておきましょう。学費は年度ごとに前期・後期に分けて支払うのが一般的です。

学習費や教科書代も資金計画に

入学直後には、教科書、実習服や実習用具を購入します。さらに実習費や研修費用が必要な場合があります。国内研修や海外研修がカリキュラムに組み込まれている場合は、その費用を入学時に収める場合もあります。その他、語学研修や海外留学は、別にまとまった費用が必要になりますので、お子さんの希望をあらかじめ聞いた上で、お子さんと一緒に費用を把握しながら検討しましょう。

在学中にかかる1年間の学費納付額の目安
区分 授業料 施設設備費 年間合計
国立大学 535,800円 535,800円
公立大学 535,959円 535,959円
私立大学 文科系741,945円 160,424円 902,369円
私立大学 理科系1,035,955円 189,582円 1,225,537円
私立大学 医歯系2,803,165円 883,265円 3,686,430円
私立大学 その他939,245円 244,735円 118,3980円

国公立大と私立大では、学費は4年間でどのくらい違う?

それでは、国公立大学と私立大学に進学した場合、4年間で学費はどのくらいの差が出るのか、具体的に計算してみましょう。(下表参照)。
国立大学では、文部科学省が示す標準額が基準となるため、初年度納入金は817,800円です。各大学では標準額の120%以内なら金額を独自に設定することができますが、これまで大きく変更した大学はないため、国立大学の4年間の学費は、下表の計算のように245,200円となります。
公立大学の場合、各自治体が任意に学費を設定できますが、多くは国立大学と同水準にしているため、初年度納入金は935,017円です。4年間では2,542,894円ですから、国立大学と10万円程度の差といえます。
ただし、公立には設置自治体の教育振興という目的があるため、たとえば県立大学の場合、同県出身の合格者は入学金が半額になるなどの措置が取られているケースもありますので、事前に問い合わせてみましょう。
私立大学の場合、学部によって学費が違いますが、ここでは芸術学部の平均額を例に計算します。初年度納入金が1,678,242円、4年間の学費は5,914,587円と、国立大学の二倍強となります。

国立・効率・私立大学の4年間の学費の違い
区分 初年度納入金 2年次の学費 3年次の学費 4年次の学費 4年間合計
国立大学 817,800円
内訳:
入学料
282,000円
授業料
535,800円
535,800円
内訳:
授業料
535,800円
535,800円
内訳:
授業料
535,800円
535,800円
内訳:
授業料
535,800円
2,425,200円
公立大学 9,350,147円
内訳:
入学料
399,058円
授業料
535,959円
535,959円
内訳:
授業料 
535,959円
535,959円
内訳:
授業料
535,959円
535,959円
内訳:
授業料
535,959円
2,542,894円
私立大学
(芸術系)
1,678,242円
内訳:
入学料
266,127円 
授業料1,113,854円
施設設備費298,261円
1,412,115円
内訳:
授業料 
113,854円 
施設設備費
298,261円
1,412,115円
内訳:
授業料113,854円
施設設備費
298,261円
1,412,115円
内訳:
授業料 
113,854円 
施設設備費
298,261円
5,914,587円

大学生活にかかる生活費

学費以外に必要なのが、生活費です。特に、お子さんが自宅外から通学する場合、新生活の準備費用も大きな出費に。ここでは、大学生活にかかる金額の目安を解説します。

自宅外生は新生活の準備金が必要

お子さんが自宅外から通学する場合、すぐに必要になる大きな出費は、住居費です。さらに、家電などの生活用品など新生活に必要な物を買い揃える費用も加えると、新生活の準備金は約56万円が目安となります。これは国公立大学も私立大学も変わりません。ただし、安価のアパートを借りるか、学生寮に入ることで費用を抑えることは出来ます。自宅通学の場合は、この新生活の準備金は特に必要がありません。

入試方法 金額の目安
家賃 月額61,800円
敷金・礼金 218,100円
生活用品 278,700円
合計 558,600円

※東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査 2012年度」による平均額

居住費は地域によって差がある

自宅外生の新生活で重要なポイントは、住居費です。家賃の相場は月額62,000円~46,000円程度で、地域によって16,000円くらいの格差があります。最も高いエリアは、東京都・千葉県・神奈川県を始めとする関東エリアで、ついで大阪・神戸・京都などの関西エリア。続いて北海道・東北・北陸エリア、九州エリア、最も低いのが中国・四国エリアとなっています。

旅行や免許取得・・通常以外の出費も

毎月の生活費のほかに、特別費が必要になることがあります。特別費とは通常以外にかかるお金で、自宅外生の場合は帰省のための交通費などがあります。また、運転免許取得や、それに伴う車やバイクの購入などの出費も考えられます。サークルやゼミでの合宿や旅行などもあるでしょう。これらは、お子さんと学生生活で何を優先するか、よく話し合っておきましょう。

特別費として考えられるもの

運転免許
耐久消費財
ゼミ・サークルの合宿代
帰省費用(自宅外生)
旅行(国内・海外

毎月の生活費はどのくらい?

毎月の生活費も、自宅生と自宅外生では大きな差があります。自宅外生の場合は、水道光熱費や食費など毎月の出費はかさみそうです。自宅生の場合、生活費は低く抑えられますが、自宅から遠距離通学する場合は交通費が意外とかかります。

毎月の仕送り額はどれくらい?

下記のデータでは、自宅外生への仕送り金額は約70,000円です。支出は約120,000円で、差額が50,000円となっています。実際の家賃や生活費の増減はあると思いますが、不足分は奨学金やお子さんのアルバイト等の収入で補っているようです。

1ヵ月の生活費の目安
  自宅生 自宅外生
収入 仕送り・小遣い 1,4670円 69,610円
奨学金 11,790円 25,380円
アルバイト 30,030円 23,100円
定職+その他 1,890円 2,550円
収入合計 58,380円 120,640円
支出 食費 10,980円 22,900円
住居費 200円 53,420円
交通費 9,250円 3,260円
教養娯楽費 7,150円 8,200円
書籍 1,800円 2,030円
勉学費 1,170円 1,570円
日常費 4,900円 6,640円
電話代 2,990円 4,620円
その他 1,490円 2,220円
貯金・繰越 16,110円 10,710円
支出合計 56,040円 115,570円

※全国大学生活協同組合連合「学生生活実態調査報告書 CAMPUS LIFE DATE 2012」