トータルコストを抑えよう

たっちー先生からのアドバイス①

第一に、今年度の税制改正で創設された「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」の活用を検討しましょう。今まで直系尊属からの財産移転の特例は「住宅取得資金贈与の特例」しかありませんでした。子孫に財産を移転するには絶好のチャンスです。

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度ってどんなものなの???

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、個人(30歳未満の方に限ります。以下「受贈者」といいます。)が、教育資金に充てるため、金融機関等との一定の契約に基づき、受贈者の直系尊属(祖父母など)から①信託受益権を付与された場合、②書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入をした場合又は③書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等で有価証券を購入した場合(以下、これら①~③の場合を「教育資金口座の開設等」といいます。)には、これらの信託受益権又は金銭等の価額のうち1,500万円までの金額に相当する部分の価額については、金融機関等の営業所等を経由して教育資金非課税申告書を提出することにより贈与税が非課税となります。
その後、受贈者が30歳に達するなどにより、教育資金口座に係る契約が終了した場合には、非課税拠出額※1から教育資金支出額※2(学校等以外に支払う金銭については、500万円を限度とします。)を控除した残額があるときは、その残額がその契約が終了した日の属する年に贈与があったこととされます。

※1 「非課税拠出額」とは、教育資金非課税申告書又は追加教育資金非課税申告書にこの制度の適用を受けるものとして記載された金額を合計した金額(1,500万円を限度とします。)をいいます
※2「教育資金支出額」とは、金融機関等の営業所等において、教育資金として支払われた事実が領収書等により確認され、かつ、記録された金額を合計した金額をいいます。

たっちー先生からのコメント

住宅に関する費用は、生活費だけでなく進学費用のなかでも大きな割合を占めています。住宅に関する費用は大きく分けると、①初期費用・②毎月の家賃になります。それぞれの費用を抑えることで、予定していた金額から大幅に出費を抑えることができます。

1.初期費用

お部屋探しが決まった後、契約するときにかかる初期費用は、①前家賃 ②敷金 ③礼金 ④不動産会社への仲介手数料 ④火災保険料などをまとめた金額です。

初期費用を抑える一番のコツは、敷金礼金無しの物件を選ぶことです。
東京都内では敷金1ヶ月・礼金1ヶ月の賃貸物件が多いですが、この敷金礼金無しの物件にした場合、トータルで2か月分の差が出てきます。敷金は預り金のため、退去時に物件によりますがルームクリーニング費用などを差し引いて返金されますが、礼金に関しては返金がされません。
また、不動産会社への仲介手数料も必ず検討するようにしましょう。東京都内では、仲介手数料が無料~1ヶ月分までの不動産会社が存在します。不動産会社の規模などによってアフターフォローなども変わってきますので、仲介手数料の金額だけでなく信頼性も考慮して不動産会社を選ぶことが大切です。
インターネット上でも、さまざまな不動産会社が物件情報を掲載しています。
賃料だけでなく、敷金・礼金や仲介手数料にも確認してお部屋を探しましょう。

2.毎月の家賃

一人暮らしをするようになると、毎月の生活費のうち家賃が半分近くを占めるようになってきます。ですので、仕送りや奨学金、アルバイトの収入合計を考慮して学生生活の負担とならないように家賃の予算を決めましょう。
学校の近く、駅の近く、新しくて、収納多い、設備充実など希望条件はたくさんあると思いますが、すべてかなえようとすると家賃が高くなり予算を超えてしまいます。

家賃を抑えるコツは、家賃相場が比較的安いエリアで探すか、設備の希望条件を広げることです。例えば、都心部にある大学も大学徒歩圏内で探すより大学に電車で通える地域を選ぶ方が、家賃を抑えることができます。また、バストイレ別ではなく3点ユニットバスなどの設備を視野に入れることで、より家賃を抑えた物件を探すことができます。
不動産会社のスタッフには、お部屋の希望条件に優先順位を決め、譲れない条件・譲れる条件を積極的に伝えておくとスムーズに探せるので、自分に合ったお部屋を選べるようになるでしょう。

ミニミニからのおすすめプラン

>学割住まいるプラン

新年度へ向けて早くお部屋を探したい。しかし、お部屋を契約すれば、その時点から家賃が発生してしまうもの。これでは、まだ住んでもいないのに家賃を払わなくてはなりません。
無駄な家賃がかからないお部屋探し…それが学割住まいるプランです。学割住まいるプランの物件は、現在空いているお部屋を今すぐに契約しても最大3月31日まで家賃発生いたしません。
進学が決まって住みたいお部屋を早めに探した場合の空家賃(入居しないのに発生してしまう家賃)を抑えられるメリットがある上、物件情報が多い時期にお部屋探しができるので、家賃・条件ともに気に入ったお部屋を見つけることができます。
ぜひ、お問い合わせ・ご来店の際に、「住まいるプランの物件を見たい」とご相談ください。

進化したスーパー君

テレビCMでもおなじみ、家具・家電付の進化したスーパー君。家具・家電の他生活用品も付いてくるから、バッグ1つでOK! 引っ越しラクラクで学生さんの一人暮しにおすすめです。敷金0・礼金0の物件も多数あるので、入居費用が抑えられて嬉しいですね。
家具家電の調達費用は、新生活を始める際の一大出費のため、お引越し費用とは別に工面を考えている方も多いですが、家具家電付のお部屋なら、お引越し費用に家具家電の調達費用も入っているので、大きな節約になります。
※進化したスーパー君は直営店のみ(一部地域を除く)での取り扱いとなります。

敷金礼金0物件

最近メジャーになってきた敷金礼金無し(ゼロ)物件のメリットは、何と言ってもお引越しの際の初期費用を抑えられるということです。関東のお部屋探しの場合、通常は敷金1ヶ月・礼金1ヶ月という物件が多く見受けられますが、敷金1ヶ月・礼金1ヶ月の物件に比べて、家賃2ヶ月分も最初に用意する費用が抑えられます。ミニミニ中央のご提案する敷金礼金無しの商品「スーパー君」シリーズなら、火災保険料などもゼロの物件もあるため、トータルコストをさらに抑えることができます。
ぜひ、お部屋探しの際は、敷金礼金にも注目していきましょう。
※スーパー君シリーズ物件は、一部敷金・礼金がある物件もございます。
※商品に関する詳しい内容は、物件の担当店舗にお問い合わせ下さい。

ミニミニの仲介手数料は家賃の50%(別途消費税)

ミニミニでは、仲介手数料が家賃の50%(別途消費税)です。仲介手数料が1ヶ月の場合と比べると、家賃6万円の場合、3万円(別途消費税)もお得になります。家具家電付き物件や敷金礼金ゼロの物件以外でも仲介手数料が家賃の50%(別途消費税)なので、気に入った物件で少しでも費用を抑えたい場合に効果的です。
居住用の物件はすべて対象となりますので、安心してミニミニでお部屋探しをしていただけます。
※福岡の直営店・駐車場・店舗・事務所・業者仲介物件は対象外。FC店舗は各店にお問い合わせください。

物件探しはこちらから

ほかにもある、進学費用を抑えるコツ!

進学費用徹底対策

受験費用・入学から卒業までの学費は、少しでも家計に優しいほうが保護者の方には嬉しい。ここでは、少しでも家計の助けになるような方法をご紹介します。

受験費用をおさえる方法

「受験料割引制度」を利用する

私立大学の場合、センター試験利用入試であれば受験料が割安になりますが、その他にも「受験料割引制度」を設けている大学が多くあります。これは、基本的に同じ大学の学部・学科を併願する場合に受験料を割引するシステムで、併願数に応じて割引額が大きくなるケースが一般的です。専門学校にも同様なケースがある学校もありますので、必ずチェックしましょう。

例:私立大学受験料割引制度
理系学部統一入試で
併願の場合
単願35000円 → 2併願以上一律40000円
一般入試A方式
(医学部を除く)で、
併願の場合
単願35000円 → 2併願以上一律60000円
一般入試B方式で
併願の場合
単願35000円 → 2併願以上一律40000円
センター試験利用入試で併願の場合 単願15000円 → 2併願以上一律20000円

※その他、同一試験日・同一タイプでの併願の場合、「併願料が無料」や複数日・複数タイプで併願の場合「併願料が○○円に」など様々なタイプがあります。

「地方試験制度」を利用する

「地方試験制度」とは、学校の所在地以外の地方で受験できる制度で、遠方の場合にかかる交通費・宿泊費を大幅に節約できます。学校を決める時は、受験料や試験会場を調べ、かかる費用や割引制度をチェックしましょう。

監修

不動産賃貸に精通したFP
立木 康夫

  • 宅地建物取引主任者
  • 株式会社ミニミニ中央
    中央本部
    課長補佐

家計に占める教育費の割合は増加しています。教育費は入学金や授業料だけでなく、一人暮らしの費用など進学するに必要な費用もかかってきます。 その中でも一人暮らし費用は年間支出が大きいですね。広い意味での進学費用を考えるとコストダウンが可能になってくるのではないでしょうか。

進学費用にまつわる知識を知ってもらうことでコストダウンをバックアップしてまいります。

学生生活サポートデスクへお問い合わせください!

パンフレットプレゼント
  • 資金面
  • 防災について
  • 防犯対策について
  • おへやさがしについて