東洋大学の周辺エリアガイド

Area Map

東洋大学白山キャンパス周辺ってどんな街?

三田線白山駅から徒歩5分の東洋大学白山キャンパス。 駅前には日常用品の買い物ができる店と若者向け店舗がひと通り揃っています。白山駅前から脇道へと入ると、落ち着いた住宅街となっています。 東京でのひとり暮らし生活を満喫するためにも学生マンション選びにはこだわりましょう。

街の様子

  • 東洋文庫ミュージアム

    かつての三菱財閥第3代総帥岩崎久弥が収集した文献をもとに、駒込に研究所を作ったことが始まりの財団法人東洋文庫は、通称東洋文庫と呼ばれる東洋学の専門図書館、研究所です。国宝や需要文化財も多数所有するこの研究所が近年立ち上げたのが、この東洋文庫ミュージアムです。1917年に岩崎久弥がオーストラリアのモリソン博士から購入したモリソンコレクションといわれる貴重な文献も展示され、演出の効いた館内で、その蔵書を目で楽しむことが出来ます。カフェレストランも併設され、ゆったりとした時間を楽しむことが出来ます。アクセスは、東京メトロ南北線駒込駅か都営地下鉄三田線千石駅が便利です。

  • 都立六義園

    柳沢吉保の下屋敷として造営されたのがルーツとなる六義園は、日本のさまざまな動乱の時代から守りぬかれてきた大名庭園です。江戸の大火や関東大震災、東京大空襲などの被害をほとんど受けず、三菱財閥の創始者岩崎弥太郎などの所有者を越えて、東京市に寄贈され、一般公開されるようになりました。起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園の形を取ったこの庭園は1953年には特別名勝に指定されています。ツツジの花が有名のほか、2月待つには枝垂桜がライトアップされるなど趣向を凝らした演出が楽しめます。アクセスは、東京メトロ南北線駒込駅か、都営地下鉄三田線千石駅が便利です。

  • 巣鴨駅

    2010年に駅ビル【アトレヴィ巣鴨】もオープンし、さらに活気が出る巣鴨駅周辺は、昔ながらのおばあちゃんの原宿としての面も担う、新旧入り混じる街です。山手線と三田線の乗換駅として重宝されている巣鴨駅は、駅ビルの開設のあわせ、自動券売機やみどりの窓口も整備され、乗り降りのしやすい駅に変わりました。観光客でにぎわう約800mの巣鴨地蔵通り商店街は、平日は午後3時~午後6時、日曜・祭日は正午~午後6時に歩行者天国になり、その時間帯は車両が通行することが出来ません。駅周辺に西友やマツモトキヨシなどの日用品を扱う店が多く、乗り換え時に買い物を済ませる姿も見られます。

  • 千石駅

    東京都文京区千石に在る千石駅は、都営地下鉄三田線の駅です。東京都文京区千石には千石緑地という一橋徳川家より寄付された自然豊かな樹林地があります。宮下公園や千石図書館・東洋文庫ミュージアムなど、親しみやすい施設が多く、足を伸ばすと特別名称の六義園があり、季節ごとに風情を変える庭園を楽しむことができます。都営三田線千石駅の1日平均乗降人員は2009年度27,955人(乗車人員 14,097人、降車人員 13,858人)白山通り・不忍通りなどが近くを走っています。お勧めのグルメは千石自慢ラーメン・大澤食堂(激辛カレーで有名です)。

  • 都立大塚病院

    東京都豊島区南大塚にある東京都立大塚病院は、内科・外科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科などの科がそろった総合病院です。診療所等では対応困難で、かつ都民の要望が強い母子医療、膠原病系難病医療、障害者医療及びリハビリテーション医療を重点医療とし、高度専門医療を提供しています。一般病床が500床あるこの病院は、救急告示医療機関・休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、小児科、外科系)・災害拠点病院などさまざまな機能を担っています。完全予約制の病院ですが、緊急性のある事例には24時間体制で対応しています。JR山手線大塚駅か、東京メトロ丸ノ内線新大塚駅からのアクセスが便利です。

  • 白山駅

    明治通りと交差する東京都豊島区西巣鴨交差点から、内堀通りとの交差となる千代田区の皇居平川門交差点とを結ぶ道路である白山通りとほぼ並行して走る都営地下鉄三田線の駅、白山駅は、旧白山通りと現在の白山通りが合流する地域にある駅です。すぐそばに東洋大学などがあり、学生向けの飲食店が立ち並ぶほか、住宅地としての機能を補うスーパーなどもあり、活気のある商店街が最寄にあります。駅伝の時期になると東洋大学の応援ポスターなども張り出され、地域と大学が共生しあうエリアとして、白山駅周辺は、学生が住むにはオススメのエリアです。

  • 小石川植物園

    通称小石川植物園といわれるこの植物園は、正式名称が【東京大学大学院理学系研究科附属植物園】といい、本園と分園があります。旧東京市小石川区にあったため通称が小石川となっていますが、現在は東京都文京区白山に所在しています。開園は、前身の御薬園を含めると、1684年からで、日本で最古の植物園といわれています。ニュートンのリンゴの木・メンデルのブドウ・精子発見のイチョウなど、教科書で目にしたことのある植物が見られる楽しみもあります。 アクセスは、都営地下鉄三田線・白山駅、東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅などが便利です。