早稲田大学の周辺エリアガイド

Area Map

早稲田大学大学西早稲田キャンパス 周辺ってどんな街?

私立大学の雄・早稲田大学。学部は11学部、大学院は17研究科があり、約5万人の学生が学ぶ日本有数の大学です。卒業生はメディア・ジャーナリズム、政 財官界、法曹、芸術、スポーツなどをはじめあらゆる分野にいます。早稲田の街には早稲田キャンパス、戸山キャンパス、喜久井町キャンパスがあります。

街の様子

  • 地下鉄東西線早稲田駅

    地下鉄東西線早稲田駅。早稲田大学への最寄駅のひとつです。東西線はJR高田馬場駅で乗り換えることができるので、早稲田周辺以外のエリアに住む早大生のほとんどがこの駅を利用しています。

  • 都電荒川線早稲田停留所

    新目白通りの中央分離帯に位置する都電荒川線早稲田停留所。荒川線はこの早稲田停留所が起点・終着駅となっています。日本女子大学へはここから10分ほどで到着です。

  • 早大通り

    早稲田大学正門から江戸川橋通りを結ぶ街路樹の多い通りが早大通りです。通りに沿うように様々なお店が建ち並び、商店街(早大通り商店街)が形成されています。毎月第一日曜日 午後1時~4時には榎ふれあいデーが開催されています。

  • 早稲田大学戸山キャンパス

    地下鉄早稲田駅から程近い早稲田大学戸山キャンパスは、主に文学部の学生が学ぶキャンパスです。早稲田キャンパスからは徒歩5分ほど。穴八幡の近くです。

  • 南門通り

    早稲田大学早稲田キャンパスの正門から早稲田通りへ続く、約400mのきれいな通りが南門通りです。商店街となっていて、コンビニエンスストアや喫茶店、美容院などがあります。

  • ミニミニ早稲田情報センター

    南門通り沿いにはミニミニ早稲田情報センターがあります。早稲田大学周辺の賃貸物件情報がたくさん掲示されています。店内には親切・丁寧なスタッフがおりますので、お気軽に御来店下さい!

  • 穴八幡

    早稲田を見おろす小高い丘の上に建つ穴八幡。江戸時代、射術の練習をするため、ここに的山を築き、弓矢の守護神である八幡を奉ったことからはじまります。現在でも10月10日に流鏑馬が行われます。

  • 夏目坂

    地下鉄早稲田駅の近くに伸びる夏目坂。このあたりの大地主であった夏目漱石の父・直克が名づけた坂で、漱石もこの地で生まれています。漱石の随筆『硝子戸の中』では、当時の早稲田の様子が描かれています。